自己破産完全ガイド|債務整理は専門の弁護士に相談しなきゃ損

基礎知識について記事一覧

消費者金融やクレジットカードなど、借金がかさんでくると、支払いが出来なくなることがあります。借金の支払いをせずに放置していると、給料などの差押えが起こってしまうことがありますが、債務整理によって給料の差押えを止めることができるのでしょうか?今回は、借金返済を滞納して給料の差押えが起こった場合に自己破産手続きを利用して止める方法についてご説明します。借金返済を滞納すると、給料が差し押さえられる!サラ...

自己破産をすると、「借金が0になる」と考えられていることが多いですが、本当に完全に0になるのでしょうか?実は、自己破産をしても残る債権があります。それを「非免責債権」と言います。非免責債権については、自己破産後もそのまま残るので、支払をしなければなりません。そこで、どのようなものが非免責債権となるのかについて、知っておく必要があります。今回は、自己破産でもなくならない「非免責債権」について解説しま...

借金返済が苦しい場合、自己破産をすると状況を改善できるケースが多いです。自己破産をすると、どれだけ多額の借金でもすべて免除してもらうことができますし、無職無収入の人でも債務整理をすることができます。しかし、自己破産をすると「官報公告」されることが知られています。これは一体どのようなことなのでしょうか?今回は、自己破産で問題になる「官報」と「官報公告」について、解説します。官報とは?自己破産をすると...

借金が増えすぎてどうしようもなくなったら、自己破産をする方法がおすすめです。自己破産をすると、借金がなくしてもらうことができるので、後に支払いが残らず完全に0から再スタートを切ることができます。そうはいっても、自己破産をすると、財産がなくなることが心配です。中でも退職金は、サラリーマンにとって重要な財産であり、なくなると大変な影響があります。そこで今回は、自己破産すると退職金がなくなることがあるの...

自己破産をすると、借金を0にしてもらえる、というイメージがありますが、実は自己破産には2種類の手続きがあることをご存知でしょうか?自己破産には、簡単な手続きである同時廃止と複雑な手続きである管財事件があり、どちらの手続きが選択されるかによって、手続きの進み方やかかる費用が全く変わってきます。そこで今回は、自己破産の同時廃止と管財事件の違いについて、解説します。自己破産の2種類の手続き借金がかさんで...

債務整理の一つである自己破産ですが、自己破産には限度額があるのでしょか。債務整理の中でも最終手段として使用される自己破産について、今回は限度額があるのか、あるとしたらいくらなのかをご紹介いたします。基本的には自己破産には限度額はない!自己破産をすると、家や車などの財産を手放す代わりに、借金がゼロになるという仕組みですので、基本的には限度額はありません。自己破産の手続きを開始し、免責の決定が下れば、...